• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

感染制御部

スタッフ紹介

診療・業務内容

感染対策活動

 感染制御部では、看護部、検査部、薬剤部、事務部門と連携して、感染対策全般に関する次のような院内感染対策活動を行っています。

院内(医療関連)感染サーベイランス

 検査部細菌検査室と協力して、病院(入院・外来)におけるMRSA、耐性緑膿菌、ESBLs、耐性肺炎球菌、耐性インフルエンザ桿菌などの耐性菌、結核菌、ノロウイルスなどの検出状況を定期的に集計し、ICT(感染対策チーム)会議で報告・検討しています。尿路感染、血流感染、手術部位感染等についてはICN(感染管理看護師)によるサーベイランスを行っています。

院内感染サーベイランスとは?

感染症が発生しているかどうかを継続的に監視し、調査していくシステムのこと。

院内感染サーベイランスとは?

感染対策、感染症治療に関するコンサルテーション

 必要に応じて感染対策、感染症治療に関するコンサルテーションを受けています。
結核の専門病室がないため、喀痰からの結核菌塗抹陽性の患者への対応は主治医と協議して決めます。

抗菌薬の届出制

 抗MRSA作用を有する8薬品およびカルバペネム系5薬品については届出制をとっています。抗菌薬の使用状況を集計してICT(感染対策チーム)会議で報告しています。

職業感染に関する対応

対応マニュアルを作成しています。針刺し、血液曝露の際には血液内科・消化器内科とともに検査の対応を行い、発生件数の集計も行って情報は各部門と共有しています。針刺し件数の多い部門とは個別に連絡を取り合うこともあります。

職員の衛生管理

 事務部門と協力して毎年のインフルエンザワクチンの接種、新採用者の各種ワクチン接種(B型肝炎、麻疹、水痘、風疹、流行性耳下腺炎)を行っています。喀痰からの結核菌塗抹陽性の患者との接触があった場合は原則としてIGRA(結核感染を診断する血液検査)を利用した接触者検診を行っています。

感染対策、感染症治療に関する教育
  • 全職員向けの感染予防勉強会を開催しています。
  • 院内誌「感染制御部ニュース」を発行しています。
  • 医学生への講義、臨床研修医へのレクチャーを担当しています。
ICT(感染対策チーム)会議

月に2回(第二火曜日、第四水曜日)の午後に定例会議を行い、院内感染対策について協議しています。アウトブレイク(感染症の集団発生)が疑われた時は適宜臨時で開催します。

病棟ラウンド

複数の職種のICT(感染対策チーム)メンバーが各病棟・部門をラウンドしています。耐性菌検出患者への対応などを主治医や各部のリンクスタッフと確認しています。

お問い合わせ先

  • 【連絡先】
    TEL:077-548-2895
  • 【HP】
    http://ulysses.shiga-med.ac.jp/hqsafety/
    (学内専用)