本文のみ印刷する

 ホーム  >  資料検索  >  国立国会図書館デジタル化資料の利用について

国立国会図書館デジタル化資料の利用について

国立国会図書館では、「国立国会図書館デジタルコレクション」として、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスを提供しています。

 

このうち、著作権保護期間が満了した資料、著作権者の許諾を得た資料等については、インターネットで公開されており、どなたでも利用することができます。

 

 

インターネットに公開していないデジタル化資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料については、デジタル化資料送信サービス で下記の通り利用することができます(そのほかに、国立国会図書館の館内に設置された端末でのみ利用できる資料もあります)。

 

デジタル化資料送信サービスの利用について

【利用場所】  図書館1階カウンター

 

【利用時間】  平日9:00 - 17:00(土曜日、休館日はご利用いただけません)

 

【利用対象者】 本学の学生、教職員、その他 図書館利用証をお持ちの方

 

【対象資料】  国立国会図書館デジタル化資料のうち、送信サービスの対象となっている 図書・古典籍・雑誌・博士論文 約149万点 (平成29年1月現在)

「国立国会図書館デジタルコレクション」ウェブサイト で検索することができます

 

【閲覧】

  • カウンターで学生証・職員証・図書館利用証をご提示ください。
  • 閲覧用パソコンで職員のログイン後にご利用いただけます。
  • 閲覧用パソコンでは、デジタル画像のダウンロードや保存、カメラ等での撮影はできません。

 

【複写】

  • カウンターで「文献複写申込書」に必要事項をご記入ください。
  • 複写は職員が行います。
  • 複写料金は、原則として無料です。
  • 複写物は著作権の範囲内で提供いたします。
  • 複写枚数によっては、当日の受け渡しが難しい場合もあります。
  • 学内に冊子を所蔵している場合は、そちらをご利用ください。

 

  • 国立会図書館デジタル化資料送信サービス利用案内PDFファイル (PDF)
  • 照会先

    情報サービス係 Tel:077-548-2080,E-mail:hqjouser●belle.shiga-med.ac.jp   ●を@に置き換えてください。

     

    このページの先頭へ