• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

臨床工学部

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

基本方針

 臨床工学技士とは「厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に、呼吸、循環、代謝に関わる生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とするものである。」と定義されています。(生命維持管理装置とは、人工呼吸器、人工心肺や人工透析といった生命維持に直接つながる機能を代行・補助する装置をいう。)

チーム医療の一員として

 現代の医療において、患者さんに高度で質の高い医療を提供するために医療機器の活用は不可欠であります。本院でも部長、副部長の指導の下、6名の臨床工学技士が、医学と工学の知識を併せ持ち、さらなる専門性への要求にお応えできるよう、日々技術研鑚に励んでおります。

 最近の医療技術・医療機器の発展は目を見張るものがあり、次々と新しいものが開発されています。このような状況の中、医師、看護師やその他の医療従事者とともにチーム医療の一員として臨床工学部は患者さんに安全で信頼・安心・満足を与える、より良い医療を提供できるよう努めてまいります。

呼吸療法業務

 呼吸が停止したり、自力で十分な呼吸ができない患者さんに対し装着する機器が人工呼吸器です。この人工呼吸器は臨床工学部にて中央管理しており、安全に使用できるよう保守管理(日々の点検、使い終わった後の点検など)を行い、医師や看護師と連携して安全な呼吸療法を提供しています。(中央管理とは中央部門である臨床工学部で点検・修理から貸出・返却まで全て管理することをいう。)

 

人工心肺業務

 心臓や心臓につながる大動脈を手術する際に、場合によって心臓を一時的に停止させる必要があります。その際に使用される心臓と肺の機能を代行する装置が人工心肺装置です。この装置を臨床工学技士が操作し、この装置により手術中でも酸素を十分に含んだ血液を全身に送り出すことができ、その間に医師による手術が安全に行われます。また、循環の補助治療に用いられるPCPS(経皮的心肺補助装置)やIABP(大動脈バルーンパンピング)などの補助循環治療装置の操作・保守管理も行っています。

血液浄化業務(人工透析など)

 腎臓の機能が低下すると、水分や毒素を尿として排出できにくくなり、重篤な尿毒症となってしまいます。そこで腎臓の機能の一部を代行する装置が人工透析装置です。この装置を安全に使用できるよう保守管理を行い、医師や看護師と連携して安全な血液浄化療法を提供しています。
また、他にも肝不全、免疫疾患などに施行する血漿浄化療法(血漿交換、血漿吸着、二重濾過血漿交換)や白血球・顆粒球除去療法(L-CAP、G-CAP)などの臨床技術提供も行っています。

医療機器管理業務

 院内には上記の機器以外にも、除細動器(AEDも含む)や輸液ポンプ・シリンジポンプなど多種多様な医療機器が使用されています。現在、輸液ポンプ・シリンジポンプに関しては人工呼吸器と同様に安全に患者さんに使用していただけるよう臨床工学部にて貸出保守管理を行っています。AEDを含む除細動器に関しても安全に使用できるよう保守管理を行っています。院内で使用される医療機器の故障を未然に防ぎ、常に安全で信頼できる医療機器の提供がでるよう努めております。

お問い合わせ先

  • 【受付】
    TEL:077-548-2495