• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

救急・集中治療部

スタッフ紹介

診療・業務内容

基本方針

 救急・集中治療部(ICU・CCU12床、救急科一般病棟11床)は、総合診療部・初期診療科と連携し、専任の常勤医師のみで一体運営しています。一次から三次救急までの救急車搬入患者、時間外外来受診患者と集中治療室入室患者に対応しており、24時間体制で初期診療から重症管理までを行っています。

 集中治療室では、外科術後、CCU、SCU(意識障害、t-PAによる血栓溶解後など)、脳低温療法、急性血液浄化法、小児ICUなどの重症症例の治療を24時間体制で担当しています。

 重症の患者さんの治療を全面的に受け入れることで、病院全体の医療レベルの維持に貢献しています。急性期医療を行う上でなくてはならない部門です。集中治療室に入室された方が一刻も早く危機を脱し、一般病棟へ移れるよう朝夕2回のカンファレンスを主治医やメディカルスタッフと行っています。

集中治療室の種類

集中治療室の種類

【ICU】急性の重症患者さんのための治療室で、密度の高い集中的な医療・看護が行われます。
【CCU】冠疾患集中治療室。心臓に関する疾患で、集中的な管理を必要とする患者さんのための治療室です。
【SCU】脳卒中集中治療室。脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等)急性期の患者さんのための治療室です。

診療内容・専門分野

  • 心肺停止患者は心肺蘇生ガイドラインに基づいた治療に加え、脳低温療法を積極的に行っています。世界標準に準拠した二次救命処置で反応しない急性冠疾患患者さんは、循環器内科、心臓血管外科との協力で、PCPS(経皮的心肺補助)・IABP(大動脈内バルーンパンピング)、冠動脈カテーテル検査・血行再建術、心拍動下冠動脈バイパス術等を行い、早期での社会復帰を目指しています。
脳低温療法とは?

脳低温療法とは?

脳に傷害を受けた患者さんの体を冷やし、脳の保護・蘇生を図る治療法で、脳の被害を最小限にくい止めます。病状が落ち着いたら少しずつ体温を戻していきます。

  • ARDS(急性呼吸窮迫症候群)症例に対しては、HFO(高頻度振動換気)、APRV(気道陽圧開放換気)やNPPV(非侵襲的陽圧換気療法)、NO療法(一酸化窒素吸入療法)の導入も行っています。一般病棟の人工呼吸器の管理・指導は、呼吸ケアチームと協力して行っています。
  • 敗血症性ショック・DIC(播種性血管内凝固症候群)・多臓器不全に対し世界標準に準拠した治療法に加え、DIC対策の強化とともに我々が開発し、2015年3月より保険適用となったPlasma Filtration with Dialysis(PDF)法を含む急性血液浄化法を行っています。
  • 急性血液浄化療法は、肝不全、腎不全、重症膵炎および敗血症の補助治療としてCHDF(持続的血液濾過透析)、PMX-DHP(エンドトキシン吸着療法)、PE(血漿交換)、PDFなどを積極的に行っています。
集中治療室入室対象疾患
診療方針

 当該科入院患者さんを対象とし、呼吸、循環、代謝、その他重篤かつ可逆的な急性機能不全を有するか、またはその発生の恐れのある症例、特にPCPS(経皮的心肺補助)、IABP(大動脈内バルーンパンピング)補助下の冠疾患症例、t-PAによる血栓溶解療法や脳低温療法、敗血症性多臓器不全・DIC(播種性血管内凝固症候群)、および急性血液浄化療法などに重点を置いています。

診療実績

  • 平成28年度 救急部外来受診患者数:3,108名
    ※うち、一次救急患者:2,247名(72.3%)、二次救急患者:623名(20.0%)、三次救急患者:238名(7.7%)
  • 平成28年度 救急車搬入患者:2,181名
  • 平成27年度 心肺停止症例:47名
  • 平成27年度 ICU・CCU入室症例数:971名 ※うち、16.1%は院外からの受け入れ
  • 平成27年度 特殊療法として以下のとおり施行
    • PCPS(経皮的心肺補助):8例
    • IABP(大動脈内バルーンパンピング):16例
    • NO療法(一酸化窒素吸入療法):4例
    • 急性血液浄化法:142例(CHDF:105例、PMX-DHP:9例、PE:18例、PDF:10例)
  • 平成27年度 重症敗血症・敗血症性ショック:27例これに対して、急性血液浄化法を含む治療管理を行い、以下のとおり世界の標準治療データ(PROWESS registry)よりも良好な結果を得ることができました。
    • 28日以内死亡率11.1%

臨床研究

後方視的研究

 救急・集中治療部ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。以下の表題の研究を行っており、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しております、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2016年1月
小児の救急・集中治療体制に関する研究
倫理委員会承認番号:27-177
2016年2月
日本救急医学会主導多施設共同観察研究:重症敗血症の疫学的研究
倫理委員会承認番号:27-185
2016年2月
肺炎球菌・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症の多施設共同観察研究
倫理委員会承認番号:27-202
2016年2月
日本救急医学会主導多施設共同観察研究:急性肺傷害(ALI)/急性呼吸促迫症候群(ARDS)の疫学的研究
倫理委員会承認番号:27-203
2016年3月
病理検体標本における多臓器不全とproinsulin陽性細胞との関係についての調査
倫理委員会承認番号:27-219
2016年6月
新しい敗血症診断システムの開発のための探索的研究
倫理審査委員会承認番号:28-30
2017年1月
ICU入室敗血症患者におけるタゾバクタム/ピペラシリンとメロペネムの治療効果に関する検討
倫理審査委員会承認番号:28-133
2017年3月
重症患者の新規心房細動に関する他施設レジストリの構築
倫理審査委員会承認番号:28-206
UMIN臨床試験ID:UMIN000026401
2017年4月
当院における大腸憩室出血症例の検討
倫理審査委員会承認番号:28-198

お問い合わせ先