• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

医療情報部

スタッフ紹介

診療・業務内容

業務内容

業務内容

 医療情報部では病院内の医療情報システムの企画・研究・開発・管理・運用を行うとともに、個人情報保護やシステムのセキュリティー、医療従事者間のデジタルコミュニケーションなど、時代の進歩に対応した医療とITに関わるさまざまな研究・教育を行っています。

システムの安定稼働 ~ 24 時間 365 日 ~ 

 医療情報システムには、診療録を電子化した電子カルテシステムを中心に、薬剤処方や検査といったさまざまなオーダリングシステム、看護システムなど日々の臨床診療・看護を助ける病院情報システムの他に、中央検査部や中央放射線部といった中央診療施設や特殊診療施設の部門システム、それらのデータを伝送するための院内ネットワークや患者さんのデータを守るセキュリティーシステム分かり易く様々な情報を伝える情報発信システムなど多くのシステムが含まれています。

医療情報システムは病院の横糸として、あらゆる院内部門にネットワークを張り巡らし、医療情報の有機的な利用を行っています。また、多くの診療診断機器もコンピュータ化されてきており、それらの画像・動画データの配信を手助けしております。このように病院内がコンピュータやネットワークに依存していく中で、これらのシステムを24時間365日休みなく稼働させることが非常に重要になっています。そのために、コンピュータシステム及びネットワークを安定稼働させるべく、様々な技術を導入しています。
一方では、コンピュータ技術やネットワーク技術は日進月歩で進歩しており、われわれの医療情報システムもそれにあわせて柔軟に変えてゆく必要があり、そのための研究・開発も重要な仕事です。

教育・啓蒙活動

 医療情報部のもうひとつの大切な仕事として、とかくわかりにくいコンピュータやネットワークをできるだけわかりやすく職員や学生に説明・教育するとともに、患者さんのプライバシーを守り、セキュリティーを保つという医療情報の扱いに対する啓蒙活動があります。もちろんコンピュータ技術をどのように病院に活かすかという研究やアドバイスも継続的に行っています。
今後、こうした教育・啓蒙活動・医療情報システムに関するコンサルティングを、院内から地域へと広げていきたいと考えています。

主な役割

  • 診療データを正確に記録・保存し、診療に必要なところに的確に迅速に伝える(データのフローとストック)。
  • 患者さんのセキュリティーとプライバシーを守る。
  • わかりやすく診療データを提供する。
  • 医療ミスを防ぐさまざまなしくみを実現する。
  • 医療機関の間のコミュニケーションをはかる。
  • インターネットによる情報提供を行う。
  • 医学生の講義と臨床実習・看護学生の講義と実習、院内スタッフのコンピュータ教育、個人情報保護を含む医療情報の取り扱いに対する啓蒙を行う。
  • 最先端コンピュータ・IT技術の医療応用を研究する。
  • 臨床現場でのさまざまなコンピュータ利用の相談・コンサルティングを行う。

最近の話題

 平成27年5月から電子カルテの第2期システム(Niho2)を動かしています。病院の医療情報システムは、電子カルテだけではなく、検査・放射線・薬剤・栄養といったそれぞれの部門システムや手術・ICU・NICUなどの重症系システム、患者さんにさまざまな情報提供を行う広報システムなど多くのシステムをネットワークでつないで病院を動かしています。

 コンピュータやネットワーク技術の進歩が急速に進むのと、コンピュータ機器の耐用年数の関係で5~6年ごとにシステムの入れ替えが必要です。現在、第3期システムの構築に向けて準備を進めています。

 また、滋賀医大は滋賀県全域をつなぐ地域医療情報ネットワークである「びわ湖あさがおネット」の構築に早くから協力して、病院相互や病院と診療所・訪問看護ステーション・介護施設から自宅介護までをつなぎ、患者さんが安心して暮らせる医療環境を確保するために頑張っています。

お問い合わせ先

  • 【医局】
    TEL:077-548-2525