• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

放射線部

スタッフ紹介

診療・業務内容

診療方針

MR検査

 放射線部の業務は、画像診断と放射線治療との2つに分けられます。そのすべては放射線科をはじめとする各診療科医師と看護師、事務職員および診療放射線技師が連携して業務を行っています。患者さんにとって最適な治療を行うための検査および治療の選択と実施により、大学病院としての高度な診療支援を行っています。
大学病院の特徴とするきめ細やかで質の高い診療の実現を目指しています。

画像診断・IVR

画像診断

 放射線部では単純X線撮影をはじめ、乳房撮影、X線CT検査、MR検査、血管撮影(IVR)、核医学検査、X線骨密度測定、X線透視検査など多数の装置を所有しています。放射線の適正使用と安全性を心がけ、診療業務を行っています。各装置から発生する画像データの全てはサーバに保管され、依頼内容、検査結果と共に一元管理されています。このシステムによって多種類の画像情報を迅速に閲覧ができ、的確な画像診断レポートの作成が可能となっています。検査の結果は各診療室や病棟の電子カルテ端末で確認することができ、依頼医に結果を報告しています。また地域医療連携として紹介時には画像データをメディア(CDのみ対応)で提供いたします。
我々は患者サービスを念頭に、正確な診断、治療ができるよう常に高度な画像情報の提供を心がけています。そのためにも高い検査、治療技術を習得、開発するとともに、多くの関連装置の維持管理を行って診療に取り組んでいます。

放射線治療

放射線治療

 放射線治療分野では、放射線腫瘍学会認定医、放射線治療専門放射線技師、放射線治療品質管理士、医学物理士が連携し、高度で質の高い放射線治療ができる体制をとっています。
放射線治療法としては従来からの外照射に加え、定位放射線治療(SRS、SRTなど)、強度変調放射線治療(IMRT)、全身照射、125ヨウ素密封小線源永久刺入療法に対応しています。高度な放射線治療を可能とするために、治療スタッフ一丸となり業務に取り組んでいます。また、RI内用療法として固形がんの骨転移疼痛緩和治療と甲状腺がん全摘後の残存甲状腺破壊治療、去勢抵抗性前立腺がんの骨転移治療を行っています。

予約および検査等の受付場所

骨塩定量、透視造影

 予約を診察室でとられた場合、そのままご帰宅していただいて結構です。そうでない場合は1階の放射線部受付で予約を致します。
また、検査当日は玄関で受付せずに直接、放射線部受付へお越し下さい。各検査室をご案内致します。

X線CT、MRI検査

 予約を診察室でとられた場合、そのままご帰宅していただいて結構です。そうでない場合は1階の放射線部受付で予約を致します。
また、検査当日は玄関で受付せずに直接、各検査の受付にお越し下さい。わからない場合は放射線部受付へお越し下さい。各検査室までご案内致します。

核医学検査

 検査予約は診察室でとりますが、検査の説明および検査結果の正確度の向上のため、検査前の注意事項についてご説明いたしますので、1階の核医学の受付までお越し下さい。その説明後、ご帰宅頂きます。
検査当日は玄関で受付せずに直接、核医学の受付にお越し下さい。

放射線治療
     治療日、診察日とも玄関の再来受付をしてから、放射線科外来受付にお越し下さい。
    治療に必要なほとんどの予約検査については診察室で予約していただけます。
    検査当日、他科の診察がある場合は玄関で再来受付も行って下さい。
    各診療科で予約日程が保留された場合は、必ず、1階の放射線部受付で検査日程の予約をしてからご帰宅下さい。

受検上の注意

     全ての検査は診療科からの依頼に基づいて実施しますので、まず、症状により該当する診療科を受診して下さい。また、他の医療機関から電話等で検査予約されている場合は、予約票および紹介状(放射線科宛)をお持ちください。
    受診当日に実施可能な検査は、単純X線撮影(レントゲン写真)および単純のCT検査のみです(緊急検査を除く)
    予約日を変更、取り消される場合は前日までに患者支援センター(TTEL 077-548-2515)へご連絡下さい。
検査結果について

 撮影された画像は画像診断の専門医が読影し、所見(レポート)をつけます。患者さんには、依頼元の医師から検査結果をお伝えします。

最近の話題

核医学
 核医学は,放射性医薬品を体内に入れてその医薬品から発生する放射線を用いて、画像診断を行ったり、放射線治療(RI内用療法)を行っています。従来からよく行われている核医学検査・PET-CT検査の他に、近年では、ドーパミン受容体や神経内分泌腫瘍の分布のイメージングや223Raのα線を用いた前立腺癌の骨転移の放射線治療を行っています。放射性医薬品の体内分布を正確に同定できるようにCTを合わせて撮影する装置を有して、高度な画像診断を行い、治療に役立つ情報を提供しています。
MR
 現在、4装置を稼働させてあらゆる診療科からの依頼を受けて検査を行っております。
 MR検査の進歩は目覚ましく、従来のコントラスト画像だけでなく、多様な機能画像を提供してくれます。例えば、拡散強調画像で急性期の脳梗塞の診断、細胞の密度など診断、MRエラストグラフィーでは肝組織の弾性率を測定することにより局所的な病期診断が可能です。また脳腫瘍の分光解析にて質的な診断もできます。 その他にも多くの臨床研究や治験にMR検査が活用されています。
血管造影
 2017年度に2台の血管造影装置を更新しました。1装置は循環器領域に用いるバイプレーン型装置であり、循環器領域の高難度な治療に適応し、かつ放射線量を抑制することが可能な装置です。もう1台は、血管造影をしながら必要時にCTも撮像できる装置で、IVRの精度を高めることと検査・治療の安全性を進めるために活用しています。これら装置は地域医療に不可欠な救急医療に対応する装置として稼働、活用しております。
放射線治療
 2台の医療用直線加速装置を用いて、外部放射線治療を行っています。また、125I線源を前立腺に永久に埋め込む放射線治療や放射性医薬品を体内に入れ、その放射線で治療を行うRI内用療法も行っています。当院の装置はいずれも高精度放射線治療装置であり、最新で精度が高い放射線治療を進めています。画像誘導放射線治療では、画像で確認しながら病巣を的確にとらえることができ、ミリ単位の精度で治療部位を決定することができます。強度変調放射線治療(IMRT)や回転型強度放射線治療(VMAT)をはじめとする高精度放射線治療の実現で健常組織の線量を抑制して副作用が少ない放射線治療を行っています。
 
■ 治療方法
 がん病巣に対して高エネルギーX線を照射し、がんを切らずに治療する方法です。高精度放射線治療システムでは、従来のリニアックと異なり、画像ガイドによる放射線治療(IGRT)を行うことで、病巣をより的確にとらえての照射が可能であります。その精度はミリ単位で、きわめて正確にビームを照射できます。また、装置自体が回転し、腫瘍の形状にあわせながら集中的に照射します。私たちは、より正確な放射線治療を行うためCT・MRI・PETで得られた画像情報をもとに、綿密な三次元治療計画を立てて、治療を進めています。さらに、患者さん1人1人の体型にあわせた樹脂製の固定具(シェル)を導入し、日々の治療の際、高い固定精度を実現しております。
 
■ メリット
 高精度放射線治療システムでは、がん病巣の形にあわせてコンピュータが最適な照射方法を計算し、複数のビームにより放射線に強弱をつけて照射する「強度変調放射線治療(IMRT)」を行うことが可能です。IMRTにより、がん病巣に対して集中的に放射線を照射することができ、一方で健常組織への放射線を大幅に低減し治療を行うことができます。
 なお、当院では、「回転型強度変調放射線治療(VMAT)」を積極的に行っており、治療時間の短縮、副作用の軽減をはかり、患者さんの負担と苦痛をさらに緩和することを目指しています。
 

お問い合わせ先