• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

消化器内科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

消化器内科スタッフ

 消化器内科は胃や大腸などの消化管だけでなく、肝臓や膵臓など複数の臓器の病気を診療する内科です。一般的な消化器診療から専門分野に至るまで幅広い疾患に対応出来るよう研鑽に努めております。

 診療科長以下、スタッフ・医員が一丸となって出来るだけ早く正確な診断を行い、そして適切な治療が行えるように日々の診療を行っております。多面的なアプローチから患者さんとともに問題解決を行って参ります。

 また、地域の医療機関の医師と連携(病病連携・病診連携)することで効率的な診療体制の強化を図っております。

診療内容・専門分野

炎症性腸疾患センター

 当科の特徴として、まず潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)診療があります。
本院はIBDの滋賀県の難病医療拠点病院であり、平成17年には栄養治療部・消化器外科等関連診療科・部と集約的に連携して「炎症性腸疾患(IBD)センター」を創設し、滋賀県のIBD診療の拠点としての役割を果たすとともに、その体制のさらなる充実を図っています。

糞便移植とは?

糞便移植とは?

 抗菌剤の使用などを誘因に腸内の細菌叢のバランスが壊れ、それにより引き起こされる腸炎(偽膜性腸炎などのClostridium difficile 関連腸炎)に対して糞便移植が著効することは既に明らかとなっています。
炎症性腸疾患に対する効果は不明ですが、糞便移植による治療効果が期待されています。

 外来では火曜から金曜までの午後にIBD外来を開設し、常に専門医が紹介・セカンドオピニオンへの対応ができる体制を敷いています。
また、厚労省難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する研究班」に属し、診療ガイドラインの策定、新たな治療法の開発、病因・病態解明に取り組むとともに、臨床治験や医師主導臨床試験を積極的に実施しています。
現在、Clostridium difficle 関連疾患とクローン病に対する糞便移植を医師主導臨床試験として本院で実施しております(保険未適応)。

ヘリコバクターピロリ診療

 2013年2月に公知申請によりピロリ菌の感染が確認された方は2回まで保険診療で除菌治療を行うことが認可されました。ピロリ菌は消化性潰瘍や胃がんの最大の原因であり、除菌治療を積極的に行うことにより、発症の予防を行うことが重要と考えられています。当科では、通常の除菌治療に加え、保険診療内の2回の除菌治療で除菌できなかった方や、ペニシリンアレルギーの方など、保険診療外の除菌治療も自費診療となりますが、対応しています。

消化管内視鏡診療

 消化器診療で大きな部分を占める消化管内視鏡診療(検査・治療)の件数は年々増加の一途をたどっており、現在、年間7,000件を超える内視鏡を用いた診断・治療を光学医療診療部において行っています。

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)とは?

 早期胃癌や早期食道癌に対する内視鏡治療です。
さまざまな電気メスを用いて癌を少しずつ切りはがしていく方法で、病変を一括して切除することが可能です。

内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)とは?

 特に、早期消化管癌に対する内視鏡治療を積極的に推進しています。早期食道癌や早期胃癌(腺腫を含む)に対する内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)をこれまでに多数(平成28年度;胃癌80例、食道癌20例、大腸腫瘍72例)実施しており、安全かつ良好な治療成績を積み上げてきています。
このような実績をもとに、より低侵襲な消化管癌治療の実践と開発を目指して、消化器外科・放射線部との集学的診療体制を構築しています。

シングルバルーン小腸内視鏡

 当科は、小腸内視鏡の開発に携わっており、全国に先駆けてシングルバルーン小腸内視鏡を導入し、その挿入手技を確立して参りました。
小腸癌や小腸悪性リンパ腫などの早期診断だけでなく、出血性小腸病変(angiodysplasiaや出血性ビランなど)に対する止血処置、クローン病などによる小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術など治療内視鏡施行症例も実績を重ねています。特にクローン病の小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は全国でも有数の施行件数です。
さらに、高解像度カプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡も導入しており、滋賀県ならびに近隣府県における小腸疾患の診療拠点を目指しています。

消化器癌診療

 近年、進行がん治療には化学療法のみではなく、外科手術や放射線治療を組み合わせた集学的治療が不可欠となっています。当院では消化器外科、放射線科と連携し、がん薬物療法専門医が最新の医学研究により得られたエビデンスに基づいた治療を実践しています。

 また通院で行うことができる治療については、腫瘍センターと連携し外来化学療法室で行っています。専門認定看護師、専門薬剤師とともに、がん患者さまの生活の質にも配慮した上で、適正で安全な治療を心掛けています。

血液浄化療法

 重症急性膵炎あるいは劇症肝炎などの急性肝不全に対しては、集中治療部と連携してPDF、HDF(血液透析濾過)、PE(血漿交換)などの血液浄化療法を駆使した診療を行うことにより、救命実績を積み上げてきています。

栄養療法・NST

 栄養治療部との連携により消化器癌、炎症性腸疾患、脂肪性肝炎などの肝疾患など多岐にわたる消化器疾患の治療の一環として栄養療法を取り入れております。間接熱量測定法やインピーダンス法を駆使した栄養評価に基づいた適切な栄養療法を実践しています。

膵疾患

 厚生労働省指定の難治性疾患である重症急性膵炎および慢性膵炎に対して、積極的に診断と治療を行っております。また、膵臓癌に対して、ERCP(内視鏡的逆行性胆膵管造影検査)やEUS-FNA(超音波内視鏡下吸引細胞診)など最新のデバイスを用いた診断、最新の知見に基づく化学療法などを積極的に実施しています。

肝疾患

 当院は滋賀県の肝疾患診療拠点病院として指定を受け、「肝疾患相談支援センター」を開設し、院内外の患者さんやそのご家族の方々からの電話相談を受け付けているほか、定期的に肝臓病教室を開催し、最新治療を含めた情報提供を行っております。

 診療面では、C型肝炎に対するインターフェロンフリー治療などの最新治療を提供しています。肝癌に対してはラジオ波焼灼術、化学塞栓療法、分子標的薬による治療、手術療法など、主に放射線科や消化器外科、腫瘍センターとも連携して、お一人お一人の状態に最適な治療を行っております。

臨床研究

医師主導臨床試験

 現在、当院では偽膜性腸炎などのClostridium difficile関連疾患に対する糞便細菌叢移植を実施しています。(潰瘍性大腸炎に関しては受付を終了しました。)新たにクローン病に対する糞便移植を開始しました。詳細は下記を御参照下さい。

  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2015年6月
難治性Clostridium difficile関連下痢症・腸炎に対する糞便細菌叢移植
倫理委員会承認番号:27-50
UMIN臨床試験ID:UMIN000020766
2016年9月
炎症性腸疾患患者の栄養病態と内科治療成績との関連に関する後方視調査
倫理審査委員会承認番号:28-058
2016年12月
クローン病に対する糞便腸内細菌移植の有用性に関する検討
倫理審査委員会承認番号:28-136
2017年1月
炎症性腸疾患における腸管IgA抗体の機能解析
倫理審査委員会承認番号:25-182
2017年1月
炎症性腸疾患におけるチオプリン誘導体による白血球減少に対するFTO遺伝子一塩基多型の感受性についての検討
倫理審査委員会承認番号:28-141
2017年2月
同種造血幹細胞移植後移植片対宿主病に対する糞便中腸内細菌移植法の有用性の検討
倫理審査委員会承認番号:28-150
後方視的研究

 当科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。研究の詳細は下記のURLからご覧ください。また、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、お申し出をいただきますようお願いします。

 滋賀医科大学 消化器・血液内科HP 消化器内科 臨床
   http://www.ninai-sums.jp/clinical/gastrointestinal-medicine

前向き研究

 当科では患者さんの診療情報を用いた下記の研究を実施いたします。研究の詳細は下記のURLからご覧ください。また、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、お申し出をいただきますようお願いします。

  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2017年6月
急性膵炎の前向き多施設観察研究
倫理審査委員会承認番号:28-223
UMIN臨床試験ID:UMIN000025468

お問い合わせ先