• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

眼科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 専門性の高い診療体制を整えるため、当科では、網膜硝子体疾患や斜視・弱視、神経眼科疾患の診療拠点として高いレベルでの臨床を行っています。
また、白内障や緑内障をはじめ眼科全般でも一般外来や各専門外来のスタッフがきめ細かい対応を行い、高い実績をあげています。眼科手術件数も年々増加しており、網膜硝子体手術、白内障手術、斜視手術、緑内障手術を中心に年間で千数百件を実施しています。

診療方針

 一般外来は紹介または予約患者さんを優先に診察しています。また、専門外来を開設し、予約制で診察しています。各診察ブースには多数のモニターを配しており、診察時にその日の検査結果や撮影画像などのデータを画面に提示しながら、よりわかりやすい外来診察を心がけております。


また、光干渉断層計(SD-OCT)、Scanning Laser Ophthalmoscope(HRA2)、超広角走査レーザー検眼鏡(Optos200Tx)、多局所網膜電図(VERIS)、デジタル眼底撮影装置、角膜形状解析装置などの検査装置に加え、手術用顕微鏡、硝子体手術装置、白内障手術装置、マルチカラーレーザー、光線力学療法用レーザーなどの治療に必要な装置を導入するだけではなく随時最新のものに更新することによってさらなる診療レベルの向上を図っています。

診療方針

専門外来

網膜硝子体外来

 糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑疾患(加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑上膜)などの網膜の病気を専門に診る専門外来です。眼底カメラ、フルオレセイン眼底造影検査、インドシアニングリーン眼底造影検査、光干渉断層計(OCT)、微小視野測定装置、多局所網膜電図(VERIS)などの最新の検査機器を用いて診断します。

 網膜剥離、糖尿病網膜症及び黄斑円孔や黄斑前膜などの黄斑疾患には、経験豊富な術者により多数の手術を行っています。加齢黄斑変性に対する抗VEGF(血管内皮増殖因子)療法や光線力学療法(PDT)、糖尿病網膜症に対する光凝固も積極的に行っています。

 糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患に対しては、抗VEGF薬やステロイド薬を硝子体内に投与する局所の薬物治療を行っています。

抗VEGF療法とは?

抗VEGF療法とは?

 

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫の発症にVEGFが関与しているといわれていますが、そのVEGFを抑える薬剤を眼球の中に注射する治療法です。病気の血管や網膜の腫れが小さくなり、視力の維持あるいは改善が期待できます。

光線力学療法(PDT)とは?

光線力学療法(PDT)とは?

光に反応する薬剤を静脈に注射し、黄斑にできた病気の血管に薬剤があつまったところにレーザーをあてて病気の血管を小さくする治療法で、視力の悪化を防ぎます。

眼筋麻痺外来

 眼球周囲に付着している筋肉(外眼筋)の機能が障害すると、眼の動きが悪くなるばかりか、両眼の視線がずれる「斜視」の状態となります。この斜視により、「急に物が二重に見える」といった「複視」を自覚し、日常生活に大きな支障をきたします。当専門外来ではこのような患者さんの検査・診断を行い、複視を軽減することに取り組んでいます。また、治療としての手術も積極的に行っており、外眼筋手術を行い、良好な成績を得ています。
また、眼球運動を著しく障害する甲状腺眼症の診療も、本院の内分泌代謝内科と積極的に連携して実施しています。

弱視・斜視外来

 小児から成人までを対象とした斜視(外斜視、内斜視、眼振など)や、小児を対象とした弱視(視力の発達不良)を診る専門外来です。視力、眼位検査、両眼視検査などを行い、多くの弱視治療や、斜視手術を行っています。乳児内斜視や成人斜視に対しても積極的に治療を行っています。

緑内障外来

 細隙灯顕微鏡、接触型眼圧計、非接触型眼圧計、静的視野計、動的視野計、眼底カメラ、光干渉断層計(前眼部、後眼部OCT)、微小視野測定装置、などの最新の検査機器を用いて検査・解析します。点眼薬、内服薬にて眼圧コントロール不良の患者さんや視野障害の進行する方には、経験豊富な術者によりレーザー手術を含む多数の手術を積極的に行っています。

ロービジョン外来

 低視力の方に対して、拡大鏡や遮光眼鏡を処方しています。中心に見えないところがある方を対象に、最新の装置を用いて中心外で見る訓練(偏心固視訓練)も積極的に行っています。

コンタクトレンズ外来

 円錐角膜や白内障手術後の小児などの高い技術を要する内容を中心に行っています。

色覚外来

 差別につながると敬遠されがちな問題ですが、色覚異常を持つ本人にとっては大きな問題です。適切な検査によって色覚の特性を把握し、社会生活で不利が生じないように対策を立てるようにしています。遺伝子の問題にも取り組んでいます。

主な手術

網膜硝子体

 硝子体手術は硝子体を吸引切除し、様々な網膜硝子体疾患によって引き起こされる増殖組織、出血を除去し、可能な限り網膜の機能を改善する手術です。網膜剥離、増殖性硝子体網膜症、増殖糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症、硝子体出血、網膜下血腫、黄斑円孔、黄斑前膜、網膜静脈閉塞症などが適応です。より侵襲の少ない極小切開硝子体手術システムや広角倒像眼底観察システム、新しい眼内照明システムを用いてより安全かつ確実な手術を行っております。

斜視

 本院は斜視手術関連の基幹病院となっています。また、安全で侵襲の少ない術式の開発に取り組んでいます。

緑内障

 緑内障の手術は眼圧を下げる手術ですが、一般に大きく分けて2種類あります。一つは、眼圧下降効果が大きいものの合併症が懸念されるハイリスクハイリターンの手術。もう一つは、眼圧下降効果が前者ほどないものの合併症の少ないローリスクローリターンの手術です。私たちは、これらを改良しローリスクハイリターンにする方法、すなわち安全かつ効果が大きい方法の開発に取り組んでいます。また、チュ-ブシャント手術も導入し、施行しております。

白内障

 混濁した水晶体を小さな切開創から超音波で乳化して吸引し眼内レンズを挿入します。術後乱視の少ない最新の方法で行います。白内障以外の眼合併症をもつ難治例の白内障手術も積極的に行っています。

白内障手術も積極的に行っています。

臨床研究

加齢黄斑変性に対する治験

 加齢黄斑変性は加齢が原因で起こる眼の病気で、50歳以上の約1.2%(80人に1人)にみられます。日本人に多いタイプでは、脈絡膜から発生するもろく破れやすい新生血管が原因で発症します。日本では緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性に次いで視覚障害者手帳の交付原因疾患の第4位であり、高齢者の失明原因のひとつです。症状としては、ゆがんで見える、中心が暗く見える、ぼやけて見えるなどの症状があります。

現在最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質(VEGF:血管内皮増殖因子)のはたらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。当科では、加齢黄斑変性を対象とした新しいお薬(眼内注射)の有効性、安全性を検証する治験の参加者を募集しています。参加いただくには基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

加齢黄斑変性に対する臨床研究

 加齢黄斑変性に対して現在、我が国で最も多く行われている治療は、脈絡膜新生血管を成長させる物質(VEGF:血管内皮増殖因子)のはたらきを抑え、脈絡膜新生血管を消退させる薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。

「抗VEGF療法」では、眼内注射の注射回数の多さが問題となってきます。投与回数を減らすことができれば、眼内注射に伴う合併症の軽減、患者さんの受診回数の減少に伴う患者さんの経済的負担の軽減にも寄与できると考えています。そのため、当科では、「抗VEGF療法」に対する最適な投与間隔の確立とその有効性と安全性の検討を行う臨床研究を行っており、参加者を募集しています。参加いただくには基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

網膜静脈閉塞症に対する臨床研究

 網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が閉塞し、網膜に出血や浮腫をおこします。高血圧の方で発症するリスクが高いことが知られています。日本人では40歳以上の約50人に1人(2.1%)に発症し、有病率は他のアジア人や白人より高いです。網膜の出血や浮腫が黄斑におよぶと、視力低下やゆがんで見えるなどの症状があります。

現在最も多く行われている治療は、静脈からの血液や水分の漏れを抑制する薬剤を眼内に注射する「抗VEGF療法」です。「抗VEGF療法」では、眼内注射の注射回数の多さが問題となってきます。投与回数を減らすことができれば、眼内注射に伴う合併症の軽減、患者さんの受診回数の減少に伴う患者さんの経済的負担の軽減にも寄与できると考えています。そのため、当科では、「抗VEGF療法」に対する最適な投与間隔の確立とその有効性と安全性の検討を行う臨床研究を行っており、参加者を募集しています。参加いただくには基準があります。そのため、診察や検査結果によってはご参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

日本網膜硝子体学会における網膜硝子体手術・治療情報データベース事業

 本邦における網膜硝子体手術が全国でどのように行われているか、を理解することは現状の課題を洗い出し、それをどのように改善することができるのかといった将来の医療に向けての提言につながります。 そのような取り組みの一つとして、日本網膜硝子体学会は施設の枠を超えた全国規模の疾患登録のシステムを確立いたしました。

 

後方視的研究

 当科ではカルテデータなどの既存資料を用いた観察研究を行っております。以下の表題の研究を行っており、該当すると思われる患者さんで研究への参加に賛同されない方は、研究課題詳細PDFに記載しております、個々の問い合わせ先にお申し出をいただきますようお願いします。

 
  • 承認研究
承認年月 研究課題名
2012年5月
外眼筋手術の効果に対する研究
倫理委員会承認番号:24-29
2014年5月
斜視疾患の長期予後の研究
倫理委員会承認番号:26-30
2014年3月
網膜硝子体疾患に対する硝子体手術による網膜構造変化の検討の研究
倫理委員会承認番号:25-212
2017年3月
網膜静脈分枝閉塞症の臨床病態観察 (多施設共同研究)
倫理審査委員会承認番号:28-197
2017年5月
増殖糖尿病網膜症に伴う血管新生緑内障眼に対するエクスプレス®併用濾過手術の12ヶ月成績
倫理審査委員会承認番号:29-022
2017年6月
調節麻痺前後での前眼部の変化の眼軸長測定装置による検討
倫理審査委員会承認番号:29-062
2017年7月
加齢黄斑変性に対する治療法別にみた治療効果についての検討
倫理審査委員会承認番号:29-077
2017年8月
異なる眼軸長測定装置における測定結果の比較
倫理審査委員会承認番号:29-109

お問い合わせ先